Far East Maverick

I am a true maverick. I am far east.

2020年7月第5週&8月第1週ウィークリー・リキャップ

ついにこのときがやってきました!

本当に来たんですね……。シーズン中断から4か月弱、長かった……。

という、とうとうシーズン再開の週でした。

 

7/26 スクリメージ2

スクリメージ2戦目!

● 118 - 111 vs. ペイサーズ

KPが毎日義務の検査を受け忘れて隔離のため欠場というおっちょこちょい。

スクリメージ3ゲームスは下記の記事にまとめました。

 

7/28 スクリメージ3

スクリメージ最終戦はまさかのオーヴァータイムに突入。

○ 118 - 115 (OT) @ 76ers

正直、内容は決して良くなかったんですが、終盤でJ.J. バレアとアントニウスクリーヴランドが爆発するのが観られて楽しかったです。

こちらに関しても、詳細は上記のまとめ記事からどうぞ!

 

7/31 HBD, our owner!

7月31日、マーク・キューバンオーナーの誕生日!

62歳になりました(見えない……!)。

キューバンがこれまでに受けたNBAでの罰金総額は3億円超え!

“バブル”では彼の騒ぎっぷりが見られず少し寂しい。

これからもマヴスに愛情を注ぎ続けるオーナーでいてください。

 

 7/31 Game 68: ● 153-149(OT) vs. ロケッツ

ついに! シーズンが再開しました!

しかし、残念ながら再開初戦を白星で飾ることはできず。

それも非常にマヴスらしい、それなりにリードしていたはずなのに終盤で失速し接戦をものにできないという、いつもの負け方という感じでした。

シーディングゲームスも後日まとめる予定です。

 

 

改めて、長かった。

NBAが観られる嬉しさをかみしめています。

これを実現させてくれている全ての人々に感謝。

ゲームが全てアメリカ東部時間になったので、日本だと朝めちゃ早いのだけは少し大変ですが。

 

そして、続報が聞こえてきたマヴスの組織内セクハラ問題に関しては追いきれていないので触れられていません。

こちらもしっかり理解できるようにしておきたい。

スクリメージ3ゲームまとめ

NBA2019-20シーズン再開へ向けてのスクリメージ3ゲームが終わったので、まとめておきます。

 

Game 1: @ Lakers

○ 108 - 104

セス・カリーが3ポイント6分の6、15分で23点の大活躍!

まだまだ連携がうまくいっておらず、レブロン&ADに対しては打つ手なしという印象。

厳しいけれど、勝てたのは個々人のシュートタッチの調子の良さのおかげという感じでした。

 

Game 2: vs. Pacers

● 118 - 111

KP、オフだった前日にうっかりCOVID-19検査を受け忘れ、隔離のため不出場。

代わってスタートしたクリーバーをはじめ、全員シュートが絶好調。

ただし、それは前半までで、後半は入らない・入れられるのダメダメモードでした。

ペイサーズはドマンタス・サボニスが足の故障で不出場。

ルカは24分の出場で20点・11リバウンド・9アシストとあと少しで1st“バブル”トリプルダブル達成というところでした。

 

Game 3: @ 76ers

○ 118 - 115 (OT)

前半全く入らない76ers、後半全く入らないマヴスでいい勝負に。

だらだら嫌な負け方をしてしまうかと思いきや、第4クォーターにJ.J. バレアと2ウェイ契約選手アントニウスクリーヴランドが覚醒。

4th&OTに二人で28点あげる活躍で辛勝しました。

この試合で不出場のWCSの代替契約選手トレイ・バークがデビューし、まずまずの動きを見せてくれました。

MKGはスクリメージ3戦で唯一の出場なし。

76ersはジョエル・エンビードが不出場でした。

 

 

ということで、いよいよもうすぐシーズン再開!

再開後のシーディングゲームス8試合の詳細は以下の記事にまとめています。

 

全力で楽しみにしましょう!

2020年7月第4週ウィークリー・リキャップ

NBA is back!!

スクリメージではありますが、ついにNBAゲームスが帰ってきました。

この楽しさを届けてくれている、NBAに関わる全ての人と物に感謝です。

 

7/20 HBD, DP!

7月20日はドワイト・パウエル29歳の誕生日でした!

アキレス腱断裂で今シーズン絶望ながらバブル入りし、チームをサポートしてくれているDP、シューティングなどはもう普通に行えるぐらいにはなっているようで何よりです。

復活の来シーズンはこれまで以上の活躍を見せてくれるはず!

仲良し微笑ましい。

 

7/20 MKG合流

オーランド入りが遅れていたマイケル・キッド=ギルクリスト、“バブル”入り後の隔離期間も明けて、無事にチームに合流しました。

合流が遅れた理由は、個人的な家族の問題とのことです。

 

7/20 再開シーズンのロスター確定

再開シーズンに臨む22チームの確定ロスターNBAから発表。

マヴスは中断前から変わらないJ.J. バレア、セス・カリー、ルカ・ドンチッチ、ドリアン・フィニー=スミス、ティム・ハーダウェイJr.、ジャスティン・ジャクソン、マイケル・キッド=ギルクリスト、マクシ・クリーバー、コートニー・リー、ボバン・マリヤノヴィッチ、クリスタプス・ポルジンギス、ドワイト・パウエル、デロン・ライトに加えて2ウェイのアントニウスクリーヴランドとジョシュ・リーヴスが合流、代替契約選手であるトレイ・バークが加わっての16人です。

ウィリー・コーリー=スタインが不参加、ジェイレン・ブランソンがリハビリのためダラスに残っています。

 

また、76ersと契約した元マヴスのライアン・ブローコフですが、奥さんが新型コロナウイルス(COVID-19)陽性ということで、お子さんが小さいこともありチームには合流せず、ロスターにも名前はなし。

一日も早い快復を願っております。

 

7/21 ジャンプマンロゴ

NBAは、2020-21シーズン全チームのステイトメント・エディション・ジャージーに、ナイキのスウッシュロゴに替わってジョーダンブランドのジャンプマンロゴが付くことを発表。

これまでジャンプマンロゴが付いていたのは、マイケル・ジョーダンがオーナーを務めるシャーロット・ホーネッツのジャージーのみ(あとはオールスターも)。

もちろん、マヴスも来シーズンはジャンプマンロゴのステイトメントを着ることになります。

マヴスのステイトメントはネイヴィーのシンプルなあれ。格好いい。

 

7/23 スクリメージ1

ついに、4か月強ぶりのマヴスのゲーム!

スクリメージ1試合目はレイカーズ戦。

○ 108-104 @ロサンゼルス・レイカーズ

もはやホームもロードも関係ない気がしますが、一応ロードゲーム扱いです。

ゲームはセスが3ポイント6本を含む8本のシュートを全て沈めて23得点の大活躍。

ルカ、KPもシュートタッチはいい感じでした。

ただ、ベンチを含めそれ以外のメンバーがあまりぱっとせず、レブロンとADに対しては解決策なし……といった感じ。

レブロン&ADが前半しか出場していない+セスの調子の良さでなんとか勝利も、オフェンスディフェンスともに連携がうまくはまっておらずまだまだ調整中の印象。

スクリメージなので勝敗はあんまり関係ないとはいえ、せっかくなのでいい内容で全勝してほしい!

残り2試合もゴーマヴス。

 

7/24 トレイ・バーク合流

マヴスの再開ロスター最後の一人、トレイ・バークもついに合流しました。

 

遅れた理由は単に正式契約後のオーランド入りの手順を踏んでいた結果とのこと。

マヴス躍進のラストピースとなってくれるよう、願っています!

 

7/25 ニックスの次期HC決定

ニューヨーク・ニックスの次期ヘッドコーチがブルズやウルヴズで指揮を執ったトム・シボドーに決定。

ヘッドコーチ候補として面会を行っていたマヴスのアシスタントコーチ、ジャマール・モズリーは残念ながら選ばれませんでした。

とはいえ、かなり最終候補的なところまでは行っていた模様です。

モズリーが抜けてしまうのは残念だしニックスのヘッドコーチは棘の道でしょうから、選ばれなかったのはちょっと嬉しくもありますが、キャリアアップとならなかったのは残念。

ただ、リック・カーライルも「遅かれ早かれ彼はどこかでヘッドコーチとなるだろう」と言うぐらいの人材ですので、きっとまたすぐにいい案件が回ってくるはず。

それまではぜひマヴスで腕を揮ってほしい!

 

 

今週にはもうシーディングゲームスが始まる……!

待ち続けた分、いつも以上に楽しみにしている気がします!