Far East Maverick

I am a true maverick. I am far east.

2024年6月第3週ウィークリー・リキャップ

お疲れさまでした! ありがとう!

 

6/17 NBA Finals Game 5: DAL 88 - 106 BOS (1-4)

ざっくり言ってしまえば、Game 1~3と同じような形で、堅牢なボストンの牙城は崩せず。

文字通り力尽きたような、限界といったような最後だったが、ここまで辿り着いたことに拍手を。

そしておめでとうボストン・セルティックス

 

6/19 HBD, GOAT!

ダーク・ヴェルナー・ノヴィツキー46歳の誕生日!

引退後もずっとなんだかんだチームを気にかけてくれている最高のレジェンド。

これからも頼みます!

 

6/19 パウエルが加代表キャンプロスター入り

カナダ男子バスケットボール代表がトレーニングキャンプロスター20人を発表し、マヴスからはドワイト・パウエルがメンバー入り。

 

6/20 レディックがレイカーズHCに

元マヴ、JJ・レディックがレイカーズの次HCに決定。

引退→解説者→HCというすごい転身っぷりだ。

なお、AC候補にあがっているのはマヴスのジャレッド・ダドリーACほか、レイジョン・ロンド、サム・キャセール、スコット・ブルックスと元マヴだらけ。偶然だけど。

 

6/20 スウィーニーACがピストンズHC候補に

次HC候補を探しているピストンズが、マヴスのショーン・スウィーニーACの面会許可を取得したとのこと。

ここ数年何度も各地で名前があがっているスウィーニーAC、マヴスに来る前は3年間ピストンズでドウェイン・ケイシーのACを務めていた。

 

6/21 ハリソンGMがシーズン終了会見

ニコ・ハリソンGMが落ち着いたこのタイミングでシーズン終了会見を開催。

ざっくりまとめたものはXをご覧ください。

 

6/22 HBD, DA AC!

ダレル・ユージーン・アームストロングAC56歳の誕生日!

たしか現在のNBAで最も歴の長いACだったような。

ありがたい限り。

 

ワークアウト情報

X等で捕捉できたマヴスのドラフト前ワークアウトを週ごとにまとめます。

  • ジャスティン・ウェブスター UNLV G 191cm ダラス出身
  • エマニュエル・ミラー TCU F 198cm

 

 

ああ、もうオフだなあ。

2024年6月第2週ウィークリー・リキャップ

苦しいけれど、最高の舞台はやはり楽しい。

 

6/9 NBA Finals Game 2: DAL 98 - 105 BOS (0-2)

細かな修正で比較的競れるところまでもっていったが、残念ながら今プレイオフ初の連敗で圧倒的劣勢に。

まずは大きく変えずにしっかりと遂行できるかに懸けた選択自体は問題ではないと思う。

ただ、これでもとれなかったことで次戦どう動いてくるのか。

今回初めての追いかける展開にどうレスポンスしてくるのか。

 

6/11 バックナーがバックスACに

元マヴ、グレッグ・バックナーがミルウォーキー・バックスでドック・リヴァースHCのスタッフに。

バックナーは近年キャヴスでJ.B. ビッカースタッフのACとアソシエイトHCを務めていた。

 

6/12 NBA Finals Game 3: BOS 106 - 99 DAL (0-3)

くー、厳しい。

序盤は見たかったマヴスの姿が見られたと思ったが、きっちりと修正して対応してくるセルティックスの強さ。

マヴスとしては現状やれることをやっていると思う。

それでも試合を重ねれば重ねるほどに相手のチームとしての完成度が立ちはだかる。

あとは歴史を作るしかなくなった。

 

6/14 NBA Finals Game 4: BOS 84 - 122 DAL (1-3)

背水の陣で挑んだメンタリティーが吉と出たか、序盤から積極的に早い展開で相手を攻め立てて圧倒。

さらにはDライヴとグリーンを筆頭にハッスルディフェンスも素晴らしく機能。

スウィープ阻止で歴史に名を刻むための一歩を踏み出した!

 

 

マヴスファンとしてはようやくNBAファイナルが始まったかのような気持ち。

しかし、ここからが本当に大変。

2024年6月第1週ウィークリー・リキャップ

緊張の1週間だった。

 

6/4 ハリソンGM契約延長

マヴスがニコ・ハリソンGMバスケットボール部門代表と複数年の契約延長。

めでたい。

ところで公式文書に「バスケットボール部門代表」の肩書が書かれていないのはなぜなんだろう(変わった?)。

 

6/4 アーヴィングがANTAで父と契約

カイリー・アーヴィングは自身のANTAラインで初の契約アスリートとして父ドレデリック・アーヴィングと契約。

プロスポーツにおいて選手が父とシグネチャーシュー契約を行うのはこれが初とのこと。

アイディアがすごい。

 

6/4 キッド=ギルクリストが貢献活動

元マヴ、マイケル・キッド=ギルクリストがピーク・チャイルドフッドセンターとハンプトン大で吃音に関する考えをシェア。

また、彼の基金であるチェンジ・アンド・インパクトは約155.3万円を吃音児のための資源や言語療法プログラムへ寄付した。

元気かなMKG。

 

6/6 ウェストが逮捕

元マヴ、デロンテ・ウェストが保釈条件違反と逮捕時の抵抗により逮捕。

一時はいい方向に向かったと思っていたのだが……。

 

6/6 NBA Finals Game 1: DAL 89 - 107 BOS (0-1)

完敗。

オフェンスではやりたいこと・強みの部分を全て封じられ、ディフェンスでは逆に相手の希望通りに。

特にシューティングタッチがいい日に当たってしまったとは思うが、KPは攻守に大爆発でもうこの試合は言い訳なし。

勝負はここから立て直せるかのGame 2以降。

 

 

また緊張。