Far East Maverick

I am a true maverick. I am far east.

2022年5月第1週ウィークリー・リキャップ

もう今シーズンも8チームしか残ってないのか……。

 

5/2 Western Conference Semifinals Game 1: DAL 114 - 121 PHX (0-1)

ユタ・ジャズを貶めるつもりは全くないけれど、攻守ともにジャズとの差に面くらってしまってスタートダッシュを許したような序盤。

結果、そこでのダメージが大きく最後まで響いてしまい、最終盤でのランも手遅れになってしまった。

そういう意味では十分に渡り合えるという思いも抱けつつ、と同時にサンズの強さを実感するゲームだった。

1stラウンドで大暴れしたジェイレン・ブランソンがファウルトラブルもあって徹底的に封じられてしまったのは痛い。

今シーズン確実にレヴェルアップした修正力に期待したい。

 

5/3 スウィーニーACがホーネッツのHC候補に

シャーロット・ホーネッツがジェームズ・ボレゴ解任後空位になっているヘッドコーチ職の新任探しを開始。

候補者たちとの面会を開始予定とのことで、その候補者リストの中にはマヴスのショーン・スウィーニー アシスタントコーチの名前も。

リーディングアシスタントかつディフェンシヴ・コーディネーターとして、今シーズンのマヴスの躍進の一翼を担っている人物であるだけに、声がかかるのも納得であると同時に「連れて行かないで!」という気持ちが。

特に、1シーズンでこれだけの力をつけてみせたディフェンスが、この先さらに浸透すればどうなるのかはぜひ見てみたいところ。

 

5/3 ドンチッチがケアーズ賞候補に

ルカ・ドンチッチが通シーズンNBAケアーズ・コミュニティアシスト賞最終候補に。

最終的には10人の候補者の中からファン投票とNBA役員投票によって受賞者が決定。

なお、マヴスでは2シーズン前にドワイト・パウエルが4人共同ながら受賞経験あり。

 

5/3 クリーバーがシックスマン賞11位

2021-22起亜NBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーをマイアミ・ヒートのタイラー・ヒーローが受賞。

それに伴い、得票内訳も発表。

ブランソンはスターターへと昇格、ティム・ハーダウェイJr.は残念ながら揮わずということで、昨シーズンにランクインしていた二人の名前はなかったものの、マクシ・クリーバーが3位票を1票獲得し11位タイにランクイン。

誰だ入れてくれた人。ありがとう。

 

5/4 HBD, DFS!

5月4日、ドリアン・フィニー=スミス29歳の誕生日!

マヴスのディフェンスの要にして、最近はオフェンスでも十分に計算できる存在になってきたドードー

正真正銘、マヴスのハート&ソウル!

 

5/4 Western Conference Semifinals Game 2: DAL 109 - 129 PHX (0-2)

Game 1での反省を活かして序盤からフィジカルに行き、見事サンズと互角と言っていい試合を展開。

しかし第3クォーターでデヴィン・ブッカー、第4クォーターでクリス・ポールというもはや災害レヴェルの何かに遭い、結果的にはGame 1よりも差が開いての終戦となってしまった。

とはいえ、修正は感じられたし気迫も感じられた。

さらなる修正の必要も当然出てきてしまったものの、感想としてはやはり「十分戦える」と「サンズ強い」に集約されるのであった……。

笛は何とかしてほしい。

 

5/6 マヴスに罰金

マヴスは5日(木・祝[日本日程])のサンズ戦Game 2でベンチマナー違反があったとして約326万円の罰金処分に。

選手やコーチ複数名が複数回、ゲーム進行中にベンチを離れてコートに入り込んでいたというもの。

もちろん、ルールはルールなので居直るつもりはないけれど、ベンチからの応援も含めてチーム一丸となって戦っているマヴスをとても誇らしく思う。

 

5/6 Western Conference Semifinals Game 3: PHX 94 - 103 DAL (1-2)

ナイスゲーム!

Game 2でも見られた修正をさらに強め、Game 2では遂行しきれていなかったところもしっかりと意識して実行して見せたGame 3。

戸惑うサンズに手を緩めることなくプレッシャーを与え続けられたように思う。

特に37歳の誕生日だったクリス・ポールを執拗に追いかけまわしてターンオーヴァーを誘発し続けたレジー・ブロックの頑張り。

最初2試合の出来から批判対象にされていたブランソンの奮起。

チーム全員で観ているこちらにまでエナジーが伝わってくる全員でのディフェンス。

本当に素晴らしい勝利だったと思う。

ただ、やはりやられっぱなしではいないサンズ。

後半では明らかに修正・対応をし始めていたし、第4クォーターでは紙一重で流れを持っていかれそうなシーンがいくつかあった。

まさに勝って兜の緒を締めよで、ここで油断せず次も頑張ってイーヴンに持ち込んでほしい。

 

5/6 Game 5の時間が決定

マヴス対サンズGame 5の開始時間が決定。

5月11日(水)11時(日本時間)からに。

 

 

ということで盛り上がってきたプレイオフ

まだまだマヴスのシーズンは続く! 幸せ!